MATCH RESULTS試合結果

日程・会場 結果 放送
AWAY

2024.03.31(Sun) 14:00

第7節サンプロ アルウィン

松本山雅FC
松本山雅FC

1

-

2

FC岐阜
FC岐阜

1前半1

0後半1

12分 山口 一真

3分 荒木 大吾
90+3分 粟飯原 尚平

STARTING MEMBER

GK 35 神田 渉馬
DF 7 馬渡 和彰
DF 44 野々村 鷹人
DF 5 常田 克人
DF 40 樋口 大輝
MF 15 山本 康裕
MF 10 菊井 悠介
MF 46 安永 玲央
FW 14 安藤 翼
FW 50 ジョップ セリンサリウ
FW 6 山口 一真

SUB MEMBER

GK 1 大内 一生
DF 13 橋内 優也
DF 17 山本 龍平
DF 48 藤谷 壮
MF 8 住田 将
MF 41 村越 凱光
MF 23 滝 裕太

STARTING MEMBER

GK 1 茂木 秀
DF 5 石田 崚真
DF 4 甲斐 健太郎
DF 29 野澤 陸
DF 18 小川 真輝
MF 10 庄司 悦大
MF 21 青木 拓矢
MF 8 荒木 大吾
MF 38 新垣 貴之
FW 11 藤岡 浩介
FW 17 田口 裕也

SUB MEMBER

GK 31 上田 智輝
DF 40 川上 竜
MF 22 文 仁柱
MF 16 西谷 亮
FW 15 上野 輝人
FW 7 河波 櫻士
FW 24 粟飯原 尚平

STATS

16 シュート 6
6 ゴールキック 15
11 コーナーキック 5
8 直接フリーキック 6
2 間接フリーキック 2
2 オフサイド 2
0 PK 0

MEMBER CHANGE

61分
IN山本 龍平
OUT樋口 大輝
IN西谷 亮
OUT青木 拓矢
46*分
71分
IN村越 凱光
OUT安藤 翼
IN上野 輝人
OUT新垣 貴之
46*分
82分
IN滝 裕太
OUTジョップ セリンサリウ
IN粟飯原 尚平
OUT田口 裕也
64分
82分
IN住田 将
OUT山本 康裕
IN文 仁柱
OUT小川 真輝
82分
82分
IN藤谷 壮
OUT馬渡 和彰
IN川上 竜
OUT藤岡 浩介
90+4分

CARD

12分 山口 一真

78分 ジョップ セリンサリウ

86分 西谷 亮

REFEREE

主審
國吉 真吾
副審1
櫻井 大輔
副審2
村田 裕紀
第4の審判員
田中 陽達

DATA

入場者数
8,910
天気
気温
19
湿度
21
グラウンド
全面良芝,

FC GIFU TV ハイライト

ギャラリー

監督・選手コメント

★試合前コメントはこちら

 

■上野 優作 監督

【試合総括】

500人以上のサポーターが駆けつけてくれて、応援してくださる皆様に勝利を届けられたこと、そして岐阜で待っているチームメイトたちに勝利を届けられたことは非常に大きいことだと思っています。

昨年も話しましたが、この素晴らしいスタジアムでなかなか勝つことが難しい松本山雅さんを相手に勝つことが出来て嬉しく思っています。選手たちが最後の最後まで走り抜いてくれた結果だと思っていますし、点をとることに最後までこだわって自分たちがやるべきことを貫いてくれたと思っています。

前半は先制はしましたが、それ以降松本山雅さんのパワーに、特に我々の右サイドを崩されてサイドを大きく侵入されてコーナーキックを多く取られる非常に苦しい展開でした。ただ、1-1でしのいで帰ってきたというのが大きくて、後半は修正をかけて選手を変えたりポジションを変えたり自分たちがやってきたビルドアップをしっかりやっていこうというのをもう一度選手たちに徹底しました。選手たちは勇気をもって難しい状況の中で攻撃をしてくれたと思います。それが最後の点に繋がったと思います」

 

- 試合全体をみて、松本山雅に対策されていたように感じたが

「先制はしましたが、それ以降ボランチの横を使われたり、サイドから侵入されたり非常に苦しい展開でした」

 

- 後半修正をかけた具体的な指示は

「相手の4-4-2に対して立ち位置をしっかり取ろうというのを一番に伝えました。特に攻撃が後ろから前に一本のパスではなくて、しっかりボランチを経由して前進していこうと話をしました。ただ、すべてが上手くいったわけではないですが、後半の中盤以降は少しずつリズムが出来てきたと思っています」

 

- 前半については、本来繋ぎたかったができなかったのか

「選手たちが流動的に、何とかしようと動きすぎてポジションが定まらなかったというのが一つあるとおもいます」

 

- 昨季足りなかった勝負強さが成長したと思うが

「昨年はここで勝っておけばという試合をことごとく落としてきました。そういった意味では選手たちも成長してくれたと思います」

 

- 立ち上がりから勢いをもって積極的にいけたが、相手に対して握り返せないところもあった

「ゲームが終わった後に課題が多い試合だったとコーチ陣と話をしました。一週間の作りが大事だと思っていて、もう一回見直さないといけないですが、今週の立ち上げからゲームに持ってくる間の、5連戦後のトレーニングの負荷がどうだったか、総合的に見て次の相模原戦に向かってきたいと思います」

 

■粟飯原 尚平 選手

- 試合を振り返って

「しっかり自分がゴール前に入ること、こぼれ球に詰めようという意識もありながら藤岡選手がちゃんと見ていてくれたので、あとは決めるだけでした」

 

- 得点以外でも効果的に動いていたが、手応えはどうか

FWの仕事としてしっかり起点になるという所もありますし、ゴールを決めるという部分もありながら得点以外の仕事も常に意識しています」

 

- ビッグゲームで決勝点を取って自信になったと思うが

「チームとしても個人としても大きいことだと思います。ただ、まだ7試合なので次の試合に向けていい準備をして次も勝てるようにしたいと思います」

 

- 難しいスタジアムで松本山雅に勝つというのは大きな意味があったと思うが

「仲間の声もなかなか聞こえずらいですし、しっかり相手の圧も感じましたが、それに怯むことなく自分たちのサッカーをして90分間戦うことができたのでこういった結果になったと思います」

 

- ゴールを決めた瞬間はどういった気持ちだったか

「決めるだけのシーンだったので、そこまでの過程といいますか、あの位置に走ることが出来たのも自分の成長でもあると思います。なかなかゴール前に入っていけない時期もあったので自分としては手応えを感じています」

 

- 勝ち切ることが出来たことについては

「引き分けの試合を勝つとか、負けの試合で勝点1を拾うとかは昇格をするうえで絶対必要だと思うので、こういった試合でどんどん勝点を取っていけるようなチームになっていけたらいいと思います」

 

- フィニッシュまでの確実性が上がったと思うが

「数的有利な状態で、自分は荒木選手から右でもらう意識もありましたし、藤岡選手に入った時点でシュートのこぼれ球とか自分に入ったことを考えてプレーしていたので、そこの一連の流れがすごくいいプレーだったと思います」

 

- キッカーを務めたりあらゆる仕事をまんべんなく出来るところを個人としてどう思うか

「自分は何でもできる選手になりたいと思っていますし、キックも守備もしっかり貢献したいので、どういうプレーでもさぼらず丁寧にやることを心がけています」

 

- 現状単独首位だが、この勢いをどう続けていきたいか

「今、勝点を積み重ねていますが、まだ7試合終わっただけですし、一戦一戦しっかりいい準備をして集中して戦うだけだと思います。先の事より次の相模原戦に向けて100%プレーするために僕は良い準備するだけだと思います」