MATCH RESULTS試合結果

日程・会場 結果 放送
HOME

2024.05.06(Mon) 19:00

第13節岐阜メモリアルセンター長良川競技場

FC岐阜
FC岐阜

0

-

1

ギラヴァンツ北九州
ギラヴァンツ北九州

0前半1

0後半0

45+4分 永井 龍

STARTING MEMBER

GK 31 上田 智輝
DF 5 石田 崚真
DF 39 遠藤 元一
DF 40 川上 竜
DF 18 小川 真輝
MF 10 庄司 悦大
MF 21 青木 拓矢
MF 8 荒木 大吾
FW 24 粟飯原 尚平
FW 27 横山 智也
FW 17 田口 裕也

SUB MEMBER

GK 50 後藤 大輝
DF 4 甲斐 健太郎
MF 22 文 仁柱
MF 6 北 龍磨
MF 19 松本 歩夢
MF 38 新垣 貴之
FW 99 イ ヨンジェ

STARTING MEMBER

GK 27 田中 悠也
DF 22 山脇 樺織
DF 50 杉山 耕二
DF 13 工藤 孝太
DF 24 前田 紘基
MF 34 高吉 正真
MF 29 高 昇辰
MF 8 若谷 拓海
MF 7 平原 隆暉
MF 21 牛之濵 拓
FW 10 永井 龍

SUB MEMBER

GK 31 大谷 幸輝
DF 4 長谷川 光基
DF 33 乾 貴哉
MF 17 岡野 凜平
MF 19 井野 文太
MF 15 小林 里駆
FW 9 平山 駿

STATS

6 シュート 7
7 ゴールキック 10
10 コーナーキック 3
9 直接フリーキック 15
2 間接フリーキック 0
2 オフサイド 0
0 PK 1

MEMBER CHANGE

59分
IN北 龍磨
OUT庄司 悦大
IN乾 貴哉
OUT前田 紘基
46*分
59分
IN文 仁柱
OUT小川 真輝
IN岡野 凜平
OUT若谷 拓海
66分
68分
IN新垣 貴之
OUT粟飯原 尚平
IN平山 駿
OUT永井 龍
78分
82分
IN松本 歩夢
OUT石田 崚真
IN井野 文太
OUT平原 隆暉
78分
82分
INイ ヨンジェ
OUT横山 智也
IN長谷川 光基
OUT山脇 樺織
83分

CARD

61分 石田 崚真

5分 平原 隆暉

9分 杉山 耕二

REFEREE

主審
堀 善仁
副審1
柳岡 拓磨
副審2
眞尾 龍
第4の審判員
平田 翔士

DATA

入場者数
2,795
天気
気温
19.8
湿度
71
グラウンド
全面良芝,

FC GIFU TV ハイライト

ギャラリー

監督・選手コメント

★試合前コメントはこちら

 

■上野 優作 監督

【試合総括】

「GW最終日のナイターに3,000人近いサポータが来てくれました。勝利を届けることが出来なくて悔しい思いです。勝利を届けられないどころか、相手ゴールに迫る回数も少なく、チャンスもなかなか作れない、消化不良なゲームでした。
後半左サイドを破ってチャンスを作りましたが、もっともっと積極的に、背後を取っていくというプレーは出せなかったと思います。選手たちに話したのは、もう一度自分たちを見つめ直さないといけないんじゃないかという所です。自分自身も含めてもう一回下を向かずに、次こそ勝てるようにしっかり準備していきたいと思います」

 

- 前半良い前進はあってもアタッキングサードに入る頃には相手の守備陣形が完成していたが

「相手の最終ラインが非常に速かったです。それに対して背後を取っていこうという話はしました。背後を取れないなら最終ラインの前のバイタルエリアをついていこうと。ただそこがなかなか上手くいかなかったというのが前半でした」

 

- 背後を取れずに構える場面もあったと思うが、その辺りのかみ合わせのところは

「背後をかなり消されたと思います。それに対してボールを触りたい、ボールにサポートするという形で前線の選手も少し降りてきて関わることによって高さが足りなかったと思います」

 

- シーズンもこれから中盤戦に入るが、どんなリバウンドメンタリティで臨んでいくか

「次一つ空きますが、空く空かないではなく、次のゲームでどれだけ自分たちのやろうとしていることを見せられるか、リーグ戦ではなくても自分たちがやり続けていくんだという姿勢の戦いをして、次のリーグ戦に繋げていきたいと思います」

 

- 前半終了間際の失点だったが後半はどのような修正をしたか

「してはいけない失点です。今回も前半終了間際にセットプレーを与えて、押し込まれて跳ね返せずにPKを与える。常勝チームと言われるチームにはないようなことだと思います。ただこれはだれが悪いとかいうことではなくて、チーム全体が変えていかないといけないことで、こういったことが続いているようではいけないと思います。
後半に関しては攻撃のところは立ち位置を少し変えて庄司選手を左に持ってきて、バイタルエリアの中でプレーできるように、そして横山選手を相手のボランチの真ん中において少し立ち位置を変えて修正しました」

 

- ここからチームとしてどのように立て直していくか

「先ほどもお話ししましたが、目の前の試合が大事で、次の天皇杯の岐阜県代表決定戦でどういう試合をするかが大事だと思います。自分たちがやってきたことを続けてそれを次のリーグに繋げていくことが大事だと思います」

 

 

■遠藤 元一 選手

- 開幕戦以来の出場となったが

「開幕戦に出た後、コンディション的に整わなくてその中でも自分が出たときはしっかりプレー出来るようにという思いでトレーニングしてきました。バックアップの時も良い練習は出来ていたのでそういう積み重ねが今日試合に出たときに動じることなく、臆することなくプレーできたことに繋がったと思います」

 

- もう少し背後を取りたかったと思うが

「悲観する内容ではなかったと思います。もちろん一発背後を取れればベストですが、僕らのやりたいサッカーはしっかり繋いで相手を引き出すサッカーなので、一番奥を見ながらみんなプレーしていましたし、相手との兼ね合いで一発背後は難しかったですがチャンスはありましたし、そういうのを決めるチャンスを増やすことが大事だと思います」

 

- ゴール前を固められて苦手としている戦い方に見えたが

「そうですね。こういうチームが多く、そこを崩せないことが多いと自分たちも分かっています。ポケットを取って攻略していこうとトレーニングもやっています。ただ、そんなに簡単にはいかなくて、でもやり続けていかないといけないと思います」

 

- シーズン中盤に入るが、どんなメンタルでチームを動かしていきたいか

「今はなかなか勝てていないですが、チームの状態としては悪い雰囲気ではないですし、むしろ試合に出ていても出ていなくても、メンバー外の選手も、一人ひとりが今の状況を変えてやるんだという気持ちで毎日練習しています。やり続けるしかないです。間違えていないと信じてやり続けていくしかないと思います」