MATCH RESULTS試合結果

日程・会場 結果 放送
HOME

2024.06.08(Sat) 19:00

第16節岐阜メモリアルセンター長良川競技場

FC岐阜
FC岐阜

1

-

5

アスルクラロ沼津
アスルクラロ沼津

0前半0

1後半5

54分 荒木 大吾

61分 徳永 晃太郎
84分 津久井 匠海
90分 柳町 魁耀
90+2分 津久井 匠海
90+5分 川又 堅碁

STARTING MEMBER

GK 31 上田 智輝
DF 5 石田 崚真
DF 39 遠藤 元一
DF 23 萩野 滉大
MF 14 生地 慶充
MF 40 川上 竜
MF 6 北 龍磨
MF 8 荒木 大吾
MF 38 新垣 貴之
FW 11 藤岡 浩介
FW 17 田口 裕也

SUB MEMBER

GK 50 後藤 大輝
DF 4 甲斐 健太郎
MF 16 西谷 亮
MF 19 松本 歩夢
FW 15 上野 輝人
FW 24 粟飯原 尚平
FW 99 イ ヨンジェ

STARTING MEMBER

GK 55 武者 大夢
DF 88 濱 託巳
DF 13 附木 雄也
DF 36 中村 勇太
DF 3 安在 達弥
MF 18 菅井 拓也
MF 8 鈴木 拳士郎
MF 14 徳永 晃太郎
MF 21 森 夢真
FW 27 和田 育
FW 23 津久井 匠海

SUB MEMBER

GK 50 渡辺 健太
DF 26 宮脇 茂夫
MF 10 佐藤 尚輝
MF 40 沼田 航征
MF 44 柳町 魁耀
FW 19 齋藤 学
FW 20 川又 堅碁

STATS

8 シュート 14
4 ゴールキック 6
4 コーナーキック 2
2 直接フリーキック 13
5 間接フリーキック 1
5 オフサイド 1
0 PK 0

MEMBER CHANGE

66分
INイ ヨンジェ
OUT田口 裕也
IN齋藤 学
OUT森 夢真
72分
66分
IN松本 歩夢
OUT新垣 貴之
IN川又 堅碁
OUT和田 育
72分
72分
IN上野 輝人
OUT荒木 大吾
IN宮脇 茂夫
OUT安在 達弥
77分
86分
IN粟飯原 尚平
OUT藤岡 浩介
IN沼田 航征
OUT菅井 拓也
77分
86分
IN西谷 亮
OUT北 龍磨
IN柳町 魁耀
OUT鈴木 拳士郎
86分

CARD

41分 田口 裕也

 

REFEREE

主審
中井 敏博
副審1
国吉 真樹
副審2
荒上 修人
第4の審判員
中山 友希

DATA

入場者数
7,805
天気
気温
23.7
湿度
41
グラウンド
全面良芝,

FC GIFU TV ハイライト

ギャラリー

監督・選手コメント

★試合前コメントはこちら

 

■上野 優作 監督

【試合総括】

「非常に残念な結果で、自分がこのチームを率いてから一番崩れてしまった試合だと思います。ただ、選手たちは試合を投げたとか、諦めた姿勢は無かったと僕は思っています。点を取りに行った結果、背後をつかれて失点したというのは、僕のマネジメント不足だったと思います。先制点を取って、追加点を取って、といういつも話していることを出来れば良かったですが、ビルドアップのところから失点してしまってそこからなかなかリズムが出ずに苦しい展開になりました。ビルドアップは後ろからボールを繋いで、ボランチ二人を介して、今シーズン一番の出来じゃないかというくらい前半は上手く前に進むことが出来ました。そこは本当に選手に感謝しています。後半追加点を取れなかったというのが一番大きかったと思います。最後まで後押ししてくれた8,000人近いサポーターと応援してくれた人たちに勝利を届けられなくて残念です。今日、みんな前を向いているか、まとまっているか、ベストを尽くしているのかという意見をいただきました。やっている、やってくれていると僕は思っていますが、勝てていないということは足りないということなので、チーム全体で次に向かって、しっかり自分たちが這い上がれる準備をしたいと思います」

 

- 追いつかれたときの選手のメンタリティは監督からどう見えていたか

「追いつかれても選手はそこまで落胆している様子はなかったと思います。ただ、1-2にされた段階で少しがくっと来てしまったのかなと思います。それでももう一点返しに行くんだという姿勢が大事ですし、そうなる前に2-1に持っていく、点を取るというのが足りなかったと思っています」

 

- 踏ん張れなかったことで負け癖がついてしまわないか

「琉球戦でも前半0-2にされるという今まで自分のチームにない展開ですし、負けている状況の中で選手は頑張っていますが、不安定な状況、これが勝てていない現状かと思います。ただそれを打開するのが自分の責任だと思っていますし、選手もみんなこれを打開していかないといけないので、前に進めるように指導していきます」

 

- 前半の決定機を決め切れていればとも思うが、決定力が足りなかったか

「僕もベンチでスタッフと試合を見ながら、前半で1点取らないと苦しい展開になるんじゃないかと話をしていました。ただ、後半先制できたので、後半の2点目を獲る力がなかったというのが大きかったと思います。ただ、GKからボールを動かしてリズムを作るのを狙いとしてやっていたので、1-1までは今日は狙い通りでしたのであのミスは責められません。2点目を獲らないとそういう結果になってしまうと思います」

 

 

■荒木 大吾 選手

- 前半はやりたいサッカーができていたように感じたが

「みんな立ち位置も良かったですし、裏の意識もすごくあって、バラバラな感じはなくまとまって攻めれたと思います。シュートこそ少なかったですが、ここ何試合かで一番良かったんじゃないかなと思います」

 

- 追いつかれたときに踏ん張れるかで上に行けるかが変わると思うが

「もちろん誰に原因があるかではなくて、もやもやした気持ちはありますが、自分たちに目を向ければ、交代した選手たちがもっと勢いをもって盛り返せる勢いがないといけないですし、それは変わった選手が悪いわけではなくて、チームとして最初から出ていた選手たちももう一度獲りに行こうよという姿勢を見せないといけなかったと思います。もっと立ち返れば、同点になる前に、得点後にあの1点を守りに行ったような感覚になったのが嫌だったので。原因を探せばいっぱいありますが、もう一点獲りに行く姿勢を見せれなかったというのが自分たちに原因があったと思います」

 

- ゴール裏ではどんな話がありましたか

「僕がサポーターでもこんな試合をされたら怒ると思います。でもああやって熱く自分たちに言ってくれるだけでもありがたいと思って選手は必死にやっていますし、チームはみんな必死に勝とうと思ってやっています。今日に関しては1-5の試合ではないと思いますが、1-5という結果を受け入れないといけないと思います。ただ、すべてが悪かったわけではないので、細かい部分は日頃の練習で、ボールが切れたときに目を離さないとかそういう細かいことに目を向けないと1-5は縮まらないと思います」

 

- 前半いくつかチャンスがあって決めれていたら結果は変わっていたと思うが

「どのチームも前半に点を取りたいのは当たり前ですし、自分たちも必死に点を取りに行こうとした結果0-0で。今日は先制点がとれて、先制点を意識してみんな入っていますが、サッカーは流れがあるので、バラバラでは点を取れないですし僕が点を取った時間帯みたいに、一回駄目でも何回も責め立てるそういったシーンを前半から作れないといけないと思います。選手たちも色々考えてやっていますが、それをピッチで出すのが難しいので一週間でいろいろ話して、近い選手とも話してどうにか良い流れを自分たちで作れるようにやっていきます」