MATCH RESULTS試合結果

日程・会場 結果 放送
AWAY

2024.07.06(Sat) 19:00

第20節いちご宮崎新富サッカー場

テゲバジャーロ宮崎
テゲバジャーロ宮崎

0

-

1

FC岐阜
FC岐阜

0前半0

0後半1

65分 田口 裕也

STARTING MEMBER

GK 55 青木 心
DF 2 青山 生
DF 33 黒木 謙吾
DF 15 辻岡 佑真
DF 16 吉田 朋恭
MF 8 力安 祥伍
MF 34 遠藤 光
MF 38 楠 大樹
MF 13 北村 知也
MF 44 井上 怜
FW 11 橋本 啓吾

SUB MEMBER

GK 21 清水 羅偉
DF 4 大武 峻
MF 5 坂井 駿也
MF 7 魚里 直哉
MF 19 高瀬 生聖
MF 26 藤原 志龍
FW 18 吉澤 柊

STARTING MEMBER

GK 50 後藤 大輝
DF 5 石田 崚真
DF 4 甲斐 健太郎
DF 29 野澤 陸
DF 22 文 仁柱
MF 23 萩野 滉大
MF 6 北 龍磨
MF 8 荒木 大吾
MF 38 新垣 貴之
FW 11 藤岡 浩介
FW 99 イ ヨンジェ

SUB MEMBER

GK 31 上田 智輝
DF 39 遠藤 元一
DF 18 小川 真輝
MF 21 青木 拓矢
MF 16 西谷 亮
MF 19 松本 歩夢
FW 17 田口 裕也

STATS

9 シュート 3
6 ゴールキック 15
12 コーナーキック 4
8 直接フリーキック 7
2 間接フリーキック 4
1 オフサイド 3
0 PK 1

MEMBER CHANGE

70分
IN高瀬 生聖
OUT楠 大樹
IN青木 拓矢
OUT萩野 滉大
55分
70分
IN吉澤 柊
OUT北村 知也
IN田口 裕也
OUTイ ヨンジェ
55分
84分
IN藤原 志龍
OUT吉田 朋恭
IN
OUT野澤 陸
57分
85分
IN大武 峻
OUT力安 祥伍
IN遠藤 元一
OUT藤岡 浩介
60分
IN松本 歩夢
OUT新垣 貴之
82分
IN西谷 亮
OUT荒木 大吾
82分

CARD

63分 青木 心

89分 井上 怜

13分 石田 崚真

57分 野澤 陸

85分 甲斐 健太郎

87分 北 龍磨

REFEREE

主審
松本 大
副審1
竹田 和雄
副審2
向井 修也
第4の審判員
南薗 憲周

DATA

入場者数
1,465
天気
気温
32.2
湿度
57
グラウンド
全面良芝,

FC GIFU TV ハイライト

ギャラリー

監督・選手コメント

★試合前コメントはこちら

 

■天野 賢一 ヘッドコーチ(暫定監督)

【試合総括】

「我々はアウェイ2連勝した後に、ホームで悔しい敗戦をして、そこからまたなんとか立ち上がろうと。後期の初戦だったので、ここを勝って進もうと準備をしてきました。
宮崎さんを分析した中で、攻守においてハードワークするすごくいいチームだということで準備してきました。前半の内容からすると、なかなか自分たちの狙いが出せないことが多く、ゴールチャンスもいくつかありましたが、自分たちの攻撃の距離感でチャンスメイクすることができませんでした。ピンチもいくつかありましたが、そこをなんとか凌いで前半を戻ってきてくれたので、ハーフタイムには攻撃面の確認、全体の距離感を縮めて縦にボールを入れる、そこから背後を狙っていく、そういった攻撃の確認をしました。
後半になって少し良くなる兆しが見えましたが、退場があって一人減ったというところで、メンバーを変えながらパワーをダウンさせないように、攻守共にやれるメンバーを投入していきました。1点をPKで取ることができて、その後も厳しい時間が続きましたが、途中から出た選手がすごく頑張って繋いでくれてゼロで抑えられたので、勝つことができてすごく良かったと思っています。
岐阜からも100名近いサポーターの方が来てくれて、サポーターの後押しもあって選手が最後まで走れたと思っています。いつも感謝しています。今日もすごく有難かったです。今日の勝ちを来週のホームゲームに繋げられるようにまた準備していきたいと思います」

 

- 宮崎には2年ぶりの勝利となるが、そこについてはどう感じているか

「正直あまりそういったことは意識してはいなかったです。目の前の試合を大事に戦っていくことを考えていたので、そこは意識していなかったです。ただ、今シーズンの前半戦はホームで負けているので、それを取り返そうということで戦いました」

 

- 田口選手の評価について

「今日は途中出場で起用しましたが、最初に出たヨンジェ選手もすごく頑張ってくれたし、その後田口選手が繋ぐ形で、彼のスピードが活きたシーンだと思うので良かったと思います。田口選手だけではなく、途中から出た選手たちが、一人少なくなって厳しい状況になりましたが、みんなで繋いでくれた、みんなの努力を評価したいと思います」

 

- キーパーの後藤選手はリーグ戦初出場だったが起用の意図は

「私が暫定の監督をさせて貰っていて、選手たちにはチーム内の競争が必要だと話をしています。トレーニングで良かった選手、調子の良い選手、やれるなと思っている選手を起用していくと選手たちに明言していますし、そういったものが後藤選手に見えたので今回起用しました」

 

- 次節はホームで奈良戦だが、どのように臨みたいか

「サポーターの皆さんはすごく期待してくださっていて、先週も7,000人以上のお客さんが入ってくれて、当然勝つために戦いましたが叶わなかったので、いいゲームをして、攻撃的なゲームをして勝って、サポーターの皆さんと喜べるように一週間準備したいと思います」

 

- 今日の試合が後半戦に向けての巻き返しのスタートとなるが、その思いについて

「選手たちには、今日後半戦の一つ目というのはすごく大事だという話をして臨みました。選手たちも気迫を持ってやってくれて、最後まで諦めない姿勢がチームとして出せたと思いますし、来てくれたサポーターの方とも一体になって戦えたと思うので、この姿勢を忘れずに。ただゲームの内容はもっと向上させていかないといけないと思っていて、それは選手たちとも確認したので、また準備して頑張りたいと思います」

 

 

■後藤 大輝 選手

- リーグ戦初出場だったが、試合を振り返って

「今シーズン初リーグ戦ということで、勢いをもって自分らしさを全面に出そうと思ってプレーしました」

 

- 落ち着いてプレーできているように見えたが、どんな気持ちで試合に入ったか

「落ち着いてはいなかったかもしれないですが、いい緊張感と勢いをもってプレーできたかなと思います」

 

- 試合に入る上で天野ヘッドコーチや上杉GKコーチになんと声をかけられたか

「今まで僕がプロ1年目の時からお世話になった2人なので、その思いというのは共有しましたし、僕も恩返しをしたいという気持ちで、まずこの1発目を勝てるようにという気持ちで入りました」

 

- 後半は難しい展開になったが、ディフェンス陣含めてどう声をかけて乗り切ったか

「後半は一人少ない状況になったので、少し押し込まれる状況になったとしても最後はゴールを割らせないだったり、クロスに対して僕がはじき返す、ディフェンスがはじき返すという、最後の部分を意識してやりました」

 

- 次節のホーム奈良戦に向けて意気込みを

「無失点で勝ちます!以上です」